「目も日焼けするってホント?」

目

日焼け対策をきちんと行っていますか?ハルは完璧に日焼け止めや日傘、アームカバーなどの日焼け対策グッズを使いこなして完璧な日焼け対策を行ってきました。

ですが、毎年日焼けをしてしまうので改めて日焼けに関して調べたところ、実はもう1つ守らなければいけない場所があることがわかったのです。

今回の記事は、完璧な日焼け対策をしていても、けっきょく毎年日焼けをしてしまうと悩んでいる人は参考にしてみてください。

 

sponsored link

 

完璧な紫外線対策に必要なこと!

体、顔は完璧!でも実はもう1つ紫外線から守らなければいけない場所があります。

それは、「目」です。

実は日焼けの原因になる紫外線は、目からも容赦なく体内に入ってきて日焼けを加速させていきます。

自分では完璧な日焼け対策をしていたとしても、実は目も守らないとパーフェクトな日焼け対策とは言えなかったのです。

でも、体のように直接紫外線を浴びているわけでもないのに、なぜ目に紫外線を浴びると日焼けしてしまうのでしょうか?

 

目から日焼けをする原因とは?

目は紫外線を浴びると目の角膜が炎症を起こします。その炎症が刺激になり脳は「メラニンを作れ」とメラニン生成を促します。

それにより、直接肌に紫外線が当たった状態と同じになり、肌が黒くなっていくのです。

日焼けの他にも、海水浴やスキーなどで目に紫外線を浴びすぎると「角膜炎」起こしたりすることもあります。そして、もっと酷くなると「白内障」の原因にもなるのです。

では、目から紫外線を防ぐにはどうしたらいいでしょうか?

 

スポンサードリンク

目から紫外線を防ぐ3つの方法!

サングラスで目から紫外線を守る

サングラス

外出するときにはサングラスをしていくのが1番無難かもしれません。ただ勘違いしないでほしいのは色の濃いサングラスを選んでしまうことです。

色の濃いサングラスの方が紫外線から守ってくれそうなイメージですが実は逆なのです。

実は、色の濃いレンズで光線の透過率を低下させると目の瞳孔が広がり、隙間から多くの紫外線を受け止めてしまう危険性があります。

なので、UVカット効果のある薄い色のサングラスの方が、目を紫外線から守るのには適しています。

UVカット効果のあるコンタクトレンズ

紫外線を目から取りこむ「瞳」の部分をしっかりガードして、紫外線A波を81%以上、紫外線B波を97%以上もUVカットする、コンタクトレンズを使用する方法です。

サングラスに抵抗がある人はコンタクトレンズを使用するといいですね。

紫外線のダメージを抑制するUVケア目薬

「目薬に含まれる抗炎症剤(硫酸亜鉛)が、紫外線でうける眼のダメージを抑制して、皮膚のメラニン生成を減らす」UVケア用目薬を使用してもいいです。

 

さいごに

目の紫外線対策に、サングラス・コンタクトレンズ・目薬とありましたが、ハルはとりあえずサングラスを購入してみました。

色の濃いサングラスは抵抗があったのですが、レンズの色が薄い方がいいということだったので、抵抗無くかけることができています。今年は完璧な紫外線対策ができそうです^^


次の記事>>未開封の日焼け止め使用期限は?酸化が進むってホント?

前の記事>>日焼け止めの効果的な塗り方 と順番は?