「日焼け後の体や顔のケアはどうしたらいいの?」

日焼け

日焼け後には肌が真っ赤になり、かゆみや湿疹などが発生したりします。なぜこんな症状になるかというと日焼けは軽い火傷をしているのと同じことだからです。

しっかりと日焼け後のケアをしていかないと、後々泣きをみることに・・><

日焼けした体の表面のケアはもちろんですが、体の中からもケアできるので、今後の美白を維持するためにもしっかりと対策していきましょう。

今回は、日焼け後の体の内側、外側からケアしていく方法やNGケアについて調べたので、良かったら参考にしてください^^

 

sponsored link

 

日焼け後のヒリヒリ、かゆみのケアは?

日焼けをしたら最初にすること!

  • 冷やす
  • 冷たい水を飲む

日焼けは軽い火傷と同じなので、冷たいシャワーを浴びたり、冷たいタオルで保冷剤をくるんで体のほてりを取ります。そして、肌や体が乾燥しているので冷たい水をたっぷり飲みましょう。

十分に冷やしたら、安価な化粧水(カーマインローションなら薬局で300円ぐらい)を冷蔵庫で冷やして暇があれば塗布します。

安いので、たっぷり使って時間をかけてパックしてください。

かゆみがあるときは、「オロナイン軟膏」や「ムヒ」がおススメです。実際に使用してみましたが、かゆみも抑えられヒリヒリ感もなくなりました。

オロナインの効能には「軽いやけど」と表示されているので、ヒリヒリ感が強い人は「オロナイン」、かゆみが強い人は「ムヒ」がいいかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

 体の中から日焼けケア!

体の表面の日焼ケアは完了!でも、日焼けケアは体の中からも大切です。お手軽で吸収も早いドリンクでの日焼けケアを紹介します。

人参ジュース

人参に含まれるベータカロテンは抗酸化作用を持ち紫外線に対抗してくれます。ビタミンAへはシミやそばかすなどのできにくい、丈夫な皮膚を作り出してくれます。

トマトジュース

トマトに含まれるリコピンは、紫外線によって受ける肌ダメージを軽減する効果があると言われています。

柿の葉茶

柿の葉茶は、レモンの15倍ものビタミンCを含む健康と美容に最適なお茶です

日焼けケアにおススメな食べ物も!

  • アボカド
  • ナッツ
  • ゴマ
  • 大豆

などの「ビタミンE」は強い抗酸化作用のあるビタミンなので積極的に摂取しましょう。ビタミンCとセットで摂るとさらに効果がパワーアップします。柿の葉茶を一緒に摂るといいですね♪

 

これはやっちゃだめ!

日焼けケアにタブーなこと・・

ワセリンやボディバターのような油分の多いクリームはダメ!

乾燥した肌に油分を・・と思ってしまいがちですが、ワセリンやボディバターのような油分の多いクリームを塗ると、肌の熱が放出されず、熱を保ったままになり、炎症を引き起こす可能性があるので注意してくださいね^^