「皮下脂肪の落とし方が知りたい!」

お腹の皮下脂肪!なかなか取れなくて困っていませんか?
この憎っき「皮下脂肪」はほっておくとどんどん付いていき
すっかり取れにくくなってきてしまうそうです。

皮下脂肪

取れにくいからといって諦めてしまうと
どんどん「おばさん体型」にまっしぐら・・^^;

 

まずは、「皮下脂肪を解消する」ために
お腹の脂肪にもいろいろあることを理解していきましょう。

 

sponsored link

 

お腹の脂肪①内臓脂肪

「内臓脂肪」とは、内臓の周りに付いている脂肪です。
内臓脂肪が付く原因は、食生活が悪くて運動不足が考えられます。
内側に脂肪が付いているので、表面的には分かりにくいですが
食事と運動を意識すれば、落ちやすい脂肪になります。

 

お腹の脂肪②皮下脂肪

「皮下脂肪」お腹のお肉がつまめる脂肪のことです。
原因は、糖質・脂質の取り過ぎ、冷えがあると皮下脂肪が溜まるといいます。
女性に多く、皮下脂肪は食事を気をつけても
なかなか取れにくいのがやっかいな脂肪です。

 

皮下脂肪を落とすには?

やっかいな皮下脂肪はほっておくと
どんどんお腹周りに付いていきます。

 

一般的に皮下脂肪を落とすには「有酸素運動」が効くといいますが
実は有酸素運動のカロリー消費は少なく、ランニングを軽くしたぐらいでは
昨日食べたケーキ1個分のカロリーも消費できないのが事実。

 

もちろん、軽い運動をした方が絶対にいいのですが
まずは、体を温めることが大切です。

 

ぷよぷよした皮下脂肪を触ってみると、意外に冷たくありませんか?
皮下脂肪が取れにくい原因に、冷たいために燃えにくいという状態であるということ。
なので、普段の生活の中で、皮下脂肪を暖める行動をしていくとが大切になります。

 

スポンサードリンク

脂肪を暖めるには?

おススメは「腹巻き」です。
とくに、寝る時など「腹巻き」をするとお腹の脂肪も冷えにくくなります。

 

もう一つは「マッサージ」です。
冷たくなった場所は、ひたすらお腹をさするといいです。
テレビを見ながらでも「のの字」にマッサージすると
腸にも、お腹の暖めにも良好です。

 

頑固な脂肪の塊には
多少痛くても、しっかりと揉み解すと皮下脂肪の解消に
効果があるそうなので試してみてください。

 

それと、飲み物は「しょうが紅茶」が体を温めてくれます。
夏は、冷たいものを飲みたくなりますが
できるだけ、常温か、暖かいものを飲みましょう。

 

さいごに

理想は、軽いウォーキングもできるだけ実行しつつ
テレビを見ながら、お腹のマッサージをしながら
しょうが紅茶を飲む。
就寝時には腹巻をすることで頑固な皮下脂肪も少しずつ
解消されていくはずです。

もちろん、食事にも気をつけなければいけませんが^^;