「塩レモンの簡単な作り方と使い方が知りたい!」

大人気の万能調味料といえば「塩麹」ですが
塩麹って作るのが少し面倒じゃないですか?

 

その「塩麹」よりも、超簡単に作ることができる
万能調味料が話題になっております。

それが、

『塩レモン』

 

レモン・・ってビタミンCがたっぷりで
お肌や、身体に良さそうだけど
いざ使うとなるとレモン汁ぐらいじゃありませんか?

 

この「塩レモン」皮ごと使ってしまいますよ!

そして、ダイエット効果もあり!
基礎代謝アップに貢献してくれる食材だそうです。

 

その辺のこと詳しく調べたので
シェアしていきたいと思います。

 

sponsored link

塩レモンのダイエット効果は?

まず、「塩レモン」ってなに?って感じですが
『レモンを丸ごと塩漬けにして発酵させたもの』
北アフリカのモロッコではおなじみの調味料だそうです。

 

その「塩レモン」がどんなダイエット効果があるのでしょうか?

  • レモンのクエン酸が糖質の代謝を活動的にしてエネルギーに変える。
  • 塩分を控えることになり、むくみ予防。
  • レモンの酸味、塩の塩味によって、唾液の分泌を促進し、消化がしやすくなる。
  • 香り成分リモネンの効果により食べすぎを予防する


塩レモンはいろいろな食材に利用できるので
塩レモンを使用した食材を食べることによってダイエットも期待できるのです。

塩レモンの作り方

yjimage1

塩レモンを作るのはとても簡単♪

【材料】

  • レモン3個
  • 粗塩 50~60g
  • 保存容器

 

【作り方】

  1. レモンを半分は輪切り、半分は乱切りにする。(皮ごと使用)
  2. 塩とレモンを詰める保存容器に塩、レモンの順に交互に重ねて入れる。
    (最後に小さな器で上から押してレモンの果汁を出してなじませる)
  3. 1週間ほど漬ける冷蔵室で1週間ほど漬ければ完成。保存目安は3ヶ月。

スポンサードリンク

塩レモンの使い方

塩レモンは肉や魚介の臭みを消してくれたり
野菜の色素が鮮やかになるなどいろいろな料理に使えます。

 

サラダや和え物

「塩レモン」にキャベツ、にんじん、カブなどの野菜と合えたりすると
水分が抜けて食感がシャキシャキして美味しいです。
野菜のマリネにも活用!塩レモンで野菜がたくさん食べやすくなります。

 

【煮物・炒め物】

「塩レモン」は肉・魚の旨みが引き立つので炒め物・煮物にも相性バツグン!

 

【肉・魚介のメイン料理】

「塩レモン」を下味として使うと身が柔らかくなり、ジューシーな歯ごたえになります。

 

【ドレッシング】

「塩レモン」を刻み、ごま油・ナンプラー・にんにくとあわせればエスニック風のドレッシングに。
ヨーグルト、ハチミツを混ぜるとクリーミーなドレッシングに。

他にも、パスタソースや、ラーメンにも使うと美味しいです。

 

今年の夏は、さっぱり「塩レモン」を使って
キレイにダイエットしていきたいですね♪