「日焼け後の正しいケア方法は?」

日焼けしすぎてヒリヒリする!
この痛みやかゆみはどうしたらいいの?

日焼け

特に海や川など行くと
最初に日焼け止めを塗ったきり
遊びに夢中になって
塗りなおしをしないことってありませんか?

 

それって要注意です!
日焼けは軽度のやけどと同じことです。
服の脱ぎ着も大変であれば皮膚科に行って
薬を処方してもらった方がいいです。
(早めの処置が大事!)

 

以前、知り合いが日焼け止めの塗りが
甘かったため、かなり痛がっていましたが
病院にいって薬を処方してもらったらよく効きましたよ^^

 

特に、お子さんなどは早めの受診を!

 

ですが、少しの痛みやかゆみがあるぐらいなら
家で日焼けケアをすれば大丈夫です。

 

では、
どんな日焼けケアがいいでしょうか

 

ぜひ、
読み進めてみてくださいね^^

sponsored link

日焼け後のケアには冷却と保湿

お手入れの手順

1.汚れを流水で流しながら、同時に肌を冷やす

2.石鹸・クレンジングを使用したらすすぎを徹底する。

3.保湿用のローションをたっぷり塗る

4.クリームを塗って蓋をして水分を閉じ込める

5.冷やす(冷やしたタオル、冷えピタなど利用)

6.肌への摩擦や刺激を防ぐ

ワセリン保湿方法

日焼けはなによりも
冷やすことと保湿が大切なので

クリームで保湿する以外にも
さらに保湿効果があるのがワセリンです。

 

ワセリンは肌を保護するために
アトピーの治療などによく使われています。
ドラッグストアで安価なものが手軽に購入できますよ。

 

その白色ワセリンを塗るだけでも十分効果がありますが
さらに、ラップでガードすると保湿効果が数段に上がります。

 

ぜひ、お試しください。

 

スポンサードリンク

美白ケアはすぐにスタート

 

日焼け直後は美白ケアはすぐにはできません。
なぜなら、肌には冷却と保湿以外のことはしない方がいいからです。

 

しかし、美白対策はすぐにスタートさせないと
美白効果が少なくなるのも事実。

 

肌に直接、美白対策をできないのであれば
身体の中から美白対策をすればいいのです。

 

ビタミンCは美白・美肌に欠かせない成分

1.メラニンの生成を抑える
2.コラーゲンの生成を促す
3.活性酸素の生成を抑える
4.肌の活性を助ける

とても、肌に良いビタミンC1日1000mgは接収するのが理想です。
食事で取れればいいですが
サプリメントで補うのが効率がいいかもしれません。

 

さらに、ビタミンCの吸収を助ける
ローズヒップと一緒に取ると効果的です。

くれぐれも日焼けしすぎには気をつけて
日焼け止めの塗りなおしは
マメに行いましょう。