「子供の口が臭い!口臭の原因って?どう対策したらいいの?」

子供の口臭

うちの子供10歳なんですけど、最近、口が臭いのが悩みなのです・・><

まだ、友達に指摘されたことはなさそうですが、口臭が原因で意地悪されるのもイヤなので、今のうちに対策を練らなければと思っております。

ただ、先輩ママやママ友に聞くと、子供の口臭で悩んでいる親は多いみたいです。

今回は、実際に口臭対策をして臭いが気にならなくなったママの話も聞けたのでシェアしていきたいと思います^^

sponsored link

子供の口臭!3大原因とは?

まずは、子供の口臭の大きな原因とされている3大原因が

  1. 口呼吸
  2. 鼻炎アレルギー
  3. 虫歯・口内不衛生

と、言われています。

うちの場合だと、「口呼吸」と「鼻炎」が原因だと思われます。鼻炎なので年中鼻づまりのせいで鼻呼吸ができていません。

ふと子供の顔を見ると、ほとんど口がポカンと開いているので「口呼吸」になってしまっているのです。ただ鼻炎のせいだけではなく、口呼吸がクセなっている子供は多く見かけますね。

大半の子供の口臭原因は口呼吸にあるのではないかと言われています。では、口臭の原因になる口呼吸を治すにはどうしたらいいでしょうか・・

原因1 口呼吸

まず、口呼吸をしているとなぜ口が臭くなるのでしょう。

それは、口で呼吸をすると口の中が乾燥して、細菌をやっつけてくれる唾液が少なくなり雑菌が繁殖しやすくなるからです。

口臭はもちろんですが、雑菌が増えることで免疫が低下して病気もしやすくなるので、健康のためにも口呼吸は改善していかなくてはいけません!

では、ママ友が実践して効果があった口呼吸を治す3つの対策方法を紹介します。

【口呼吸をなくす3つの対策法】

  1. 1日3回合計1時間ほど口を閉じてガムを噛む。
    (シュガーレスのキシリトールガム)
  2. 「あいうべ体操」で口周りの筋肉を鍛える。
    やり方は、「あー」で思い切り口を開き、「いー」で横に広げ、「うー」でしっかりとすぼめて、「べー」で舌を思い切り出して1セットです。
    (1日30セットを目安にすると効果あり。声は出しても出さなくても大丈夫です)
  3. 専用の口閉じテープを使用
    (鼻炎やアレルギーで鼻づまりの人には向いていない)

ただ、うちの子供のように鼻炎アレルギーなどで鼻がつまりやすい子供は、口呼吸の対策前に鼻炎を改善しなくてはいけません。

 原因2 鼻炎アレルギー

鼻炎やアレルギーがあると、鼻づまりになり口呼吸になってしまったり、鼻やのどの炎症や化膿が起きて、その膿が直接悪臭の原因になることがあります。

鼻炎アレルギーの対処法としては、耳鼻咽喉科に通い診察してもらうことですが、適度な運動や快眠も意識してみてください。

専門家によると「あいうべ体操」はアレルギー性疾患にも効果が出ているそうなので、ぜひ試してみてください。

ただ、鼻呼吸ができているのに口臭が気になるのであれば、虫歯・口内不衛生なども口臭の原因につながります。

原因3 虫歯・口内不衛生

虫歯になると、虫歯は菌なので特有の口臭が発生します。他にも歯石や歯垢がある場合は歯の汚れの臭いがするようになるので、歯医者での定期健診はマメに行いましょう。

それと、大人もそうですが朝起きたての口が1番臭い!とよく言われますが、これは唾液が少なくなって口内に菌が繁殖しているからです。

まずはうがいをして、食事をよく噛んで食べれば唾液が発生して、臭いも少なくなっていきます。

スポンサードリンク

あいうべ体操のすごい効果!

「あいうべ体操」ぜひ!実行してみてください♪


うちの子供をはじめ、他のお母さんたちに聞いても口呼吸がクセになっている子供が多くなっているそうです。

口呼吸は、口臭の他にも口から菌が入りやすくなることで風邪やインフルエンザになりやすくなります。

ただ、ある小学校で口呼吸を改善する体操「あいうべ体操」を実践し鼻呼吸ができる子が多くなったことで、今年のインフルエンザが激減したと紹介されていました。

なので、うちの子供もまずは鼻炎を改善して、クセになってしまっている口呼吸を「あいうべ体操」で鼻呼吸ができるようにしていきたいと思っています。

さいごに

「あいうべ体操」ってハルのようなアラフィフ女性にもおススメです。口元の筋肉体操になるので、気になるほうれい線や顔のたるみにも効きそうなのです。

なので、子供と一緒に私も毎日やっていこうと思います^^


私たち、大人の口臭も気になります・・^^;

前の記事>>口臭の3大原因と対策!原因菌を抑えるのがカギ!