「赤ちゃんはいつから日焼け止めを塗っても大丈夫なの?」

気持ちの良い天気の日には
赤ちゃんを連れてお散歩させてあげたくなります。

赤ちゃん

ですが、
赤ちゃんの日焼けの心配もしなくてはいけません。

紫外線対策もしたいけれど
赤ちゃんのような敏感なお肌には
いつから日焼け止めを塗っていいのか・・悩みますね

大切な赤ちゃんにとって
適切な方法を皮膚科の先生に聞いてみました。

sponsored link

日焼けとは

20分以上日に当たると皮膚は赤くなり炎症をおこして
ヒリヒリする日焼けを起こします。

 

しばらくすると赤みはひき、次は皮膚に色素沈着するサンタンを生じます。
これはメラニン色素を増やして、次の紫外線を防ぐ防御反応です。

 

曇りだから大丈夫だと思って、長時間外にいると
赤く日焼けしてしまうこともあるので要注意です。

 

やはり、長時間や過度の日焼けを繰り返すのは肌に有害なので
とくに生後間もない赤ちゃんの場合は不必要な日焼けは避けたほうがいいです。

 

ただ、
買い物や散歩など外出しなければいけない時はどうするか?
日焼け止めを赤ちゃんに塗っていいのか心配ですね。

 

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?

日焼け止めを塗る前に注意すべきことがあります。

・11時~15時ぐらいまでは避ける
・帽子やベビーカーの日差しは大きめにする

・首にはガーゼを当てる

などの対処がまずは必要です。

 

そして、皮膚にトラブルがない赤ちゃんであれば
生後3ヶ月ぐらいから
日焼け止めを塗って外出しても大丈夫です。
(ただし、日焼け止めはよく洗いながしてください)

 

スポンサードリンク

日焼け止めの注意

それと、
日焼け止めクリームを選ぶのには注意を払ってください。
低刺激というキャッチフレーズで安価に売っているクリームもありますが
たいてい石油系のものが多いので肌トラブルになりやすいです。

 

とくに、生後間もない赤ちゃんには刺激が強すぎるので
気をつけましょう。

 

日焼け止めが合う合わないは個人差があるので
初めて使用するときは、顔には塗らずに
腕などの小範囲に塗ってみて1日様子を見ましょう

 

赤くなる、痒がるなどの異常がないことがわかれば
全体に使用していくといいです。

 

赤ちゃんの場合
手に塗った日焼け止めを舐めてしまう場合があります。

口にしてしまってもベビー用なら問題ありませんが
日焼け止めが取れてしまっては効果がなくなるので
塗りなおしてあげるようにしてくださいね^^