「腸内環境を整える方法と食事ってなに?」

美腸

「便秘や下痢、肌荒れに悩んでいる人は腸内環境が乱れている証拠です」と健康番組で専門の先生が語っています。

そう、まさに・・私自身の事><

40歳を越えてから、便秘と下痢を繰り返し・・・肌もカサカサになってきているのです。今まではそんな悩みもなかったのに・・

それからといもの、「腸内環境」に関する書籍や、ネット情報、テレビなどで調べまくりました。

「腸内環境の乱れ」

正直、今まであまり考えてこなかったのですが、これからはしっかり改善していきたいと思います。

今回は、「腸を整える方法について」いろいろと調べてみたので、私と同じような悩みをお持ちの方は良かったら参考にしてみてください。

 

sponsored link

 

噛むことが美腸への第一歩!

「噛む」ことって意識していますか?

「しっかりと噛んで食べる」って当たり前のことですが、あまり意識したことがありませんでした。ですが、どうやら美腸への第一歩は「噛む」ことなのです。

よく噛むことでガスが減り、つるんとしたキレイな便が出てくるのです。

便秘で悩んでいる人は、お腹を触ってみると腸よりも胃の辺りが硬くなっていることがあります。その理由は、ガスが多くてお腹が張っているせいです。

私も含め、そういう方に「きちんと噛んで食べていますか?」という質問をすると「よくわからない」「あまり噛んでいない」という答えが大半だそうです。

仕事や子育てに忙しいとよく噛まずにかきこむようにご飯を食べる方が多くいます。

すると、噛んで砕いて唾液で分解するという最初の過程をおろそかにしているために、胃での負担が大きくなります。

その結果、胃が硬くなり、胃に繋がる腸がスムーズに動かなくなって腸が乱れ便秘や下痢になってしまうのです。

まずは、「1口20回噛むことを意識する」

しっかりと20回くらい噛んでいると、食べ物が口の中でペースト状になり、胃への負担が軽減されていきます。実際にしっかり噛む人の便は見るからに違うそうです。

「便は食べたように出ている」

快腸になる為には丁寧に食べていくことが大切なのですね^^

では、次は美腸になるための食べ物について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

美腸になる食べ物

まず、腸を整えるためには善玉菌を増やす食べもの代表!

  • ヨーグルト
  • 漬物
  • 納豆
  • チーズ

などの発酵食品を積極的に食べること。

そして、腸内の悪玉菌の大好物は、肉などたんぱく質や脂肪を多く含む食品なので、肉料理などは程々にすることです。

 

それと、「白湯」もおススメです。

白湯は身体の中のバランスをとってくれる上に、体のデトックスもしてくれるので美腸への近道になります。

ただ、量は一日700~800mlが限度といわれていますので要注意!それ以上とると腸内のいいものを流してしまいかねないので取り過ぎはやめましょう。

白湯は女優さんやモデルさんにも人気がありますよね。とくに朝起きたての一杯は体に優しいです。

 

おわりに

「しっかり噛む」なんて子供の頃から言われている当たり前のことですが、いざ指摘されると「ほんとにしっかり噛んでるのかな」と疑問を持ちました。

改めて、周りを見ても、「しっかり噛んでるな」って思う人も少ないし、「噛むこと」って意識しないときちんと出来ていないのかもしれません。

まずは、簡単なこと、当たり前のことをしっかりやって美腸への一歩を踏み出してみようと思います^^