「腸内フローラってなに?肥満体質にも関係あるってホント?」

腸内細菌

NHKスペシャルで話題になった「腸内フローラ」という言葉が話題になっています。

どうやら通称「デブ菌」というらしく、痩せたい人も太らせるというダイエットに大敵な菌のようです。しかも、肥満体質にも関係しているとか・・

ダイエット中のピースとしては、聞き捨てならないキーワードなので、しっかり把握して対策を練っていきたいと思います。

今回は「デブ菌」こと「腸内フローラ」について調べたので良かったら参考にしてください^^

 

sponsored link

 

腸内フローラとは

腸内フローラとは「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」とも呼ばれていて、腸内細菌が多数集まっている状態のことです。

  • 腸内スペースでは、善玉菌と悪玉菌が激しい生存競争を繰り広げている
  • 腸内は陣取り合戦をしながら、全体の数が定まりバランスを取っている

常にバランスを取っている腸内も、様々な原因で菌叢バランスが崩れ悪玉菌優勢になると、腸内環境が悪化して体調が崩れてしまいます。

腸内には100兆個もの細菌が住み、がんや糖尿病などの病気、肥満やお肌のシワ、うつ病とも関係しているのではないかと考えられています。

 

スポンサードリンク

 

肥満体質は腸内フローラが原因?

肥満体質は遺伝と言われてきましたが「腸内フローラ」が原因なのではないかと言われています。

アメリカの研究結果では、肥満者の腸内細菌を移植したことが原因で、正常体重だった少女が肥満になってしまいました。

それと、高脂肪食をずっと食べていると、腸内細菌が肥満につながるような「デブ菌」に支配されかねないという報告があがっています。

では、この腸内フローラを増やさないようにするにはどうしたらいいのでしょう。

 

腸内フローラの改善方法とは?

  • お腹がすいてなくても食べるというようなダラダラ食いダメ
  • しっかりお腹が空いた時に食べる
  • 善玉菌の好物を食べる(食物繊維・オリゴ糖・乳酸菌などの有用菌)

例えば、「野菜・果物・ヨーグルト・大麦・海藻・納豆」などを積極的に食べること。

肥満を気にするのであれば、「食事の最初に野菜を5分かけて食べ、その後 におかずやご飯をよく噛んで食べること。」これだけで、太りにくい体になります。

 

さいごに

最近は、昔は当たり前だと思っていた常識(遺伝とか)が間違っていた!という情報をよく聞きます。当時では解明できなかったことが、今は解明されつつあるのでしょう。

これからは、昔の常識に縛られずに対処していきたいなと痛感しました。