「腸内環境を改善しないと、むくみ腸になるってホント?」

ダイエットを成功させるなら、「腸内環境を整える」のがポイントです。
腸内環境が良ければ、便通がよくなるし、脂質・糖をうまく分解してくれるので
エネルギーが効率よく使うことができるのです。

腸内環境

ダイエットの成功を妨げている一つの原因に
「むくみ腸」があります。

 

「むくみ腸」とは何か?

大腸内では、便に含まれている水分を吸収しますが
その水分が輩出せずに、腸がむくんでしまうことをいいます。

 

水分がたまる原因は腸の血流障害。
仕事でデスクワークや、あまり動かない作業を長時間していると
腸に刺激がいかないことから、腸の血流障害を起こしやすくなります。

  • お腹が張る
  • 便秘が続く
  • 食事制限をしても体重が減らない

という症状がある場合、「むくみ腸」を疑ったほうがいいです。

むくみ腸の人は、ぜんどう運動が弱いので便秘になりやすくなっています。
それと、栄養を取り込むことができにくくなるので、取り込むことができなかった栄養が
皮下脂肪、内臓脂肪として蓄積し、太りやすくなります。

 

sponsored link

むくみ腸になるダメな習慣とは?

  • 朝食を食べない
    腸が正常に働くには、規則正しい生活が必要なので
    食事の仕方や睡眠は「むくみ腸」の原因になります。
  • 食べ過ぎる
    一気にたくさん食べ過ぎると、血流は急速に腸に集まり、一気に引きます。
    その結果、血流障害を起こしてむくみ腸になります。
  • 熱いお風呂に入る
    腸を正常に動かすには、自律神経を整えて腸の動きを司る副交感神経を正常に働かすこと。
    熱いお風呂は身体のストレスになります。
  • 下剤を飲む
    便秘解消に下剤を飲むこともあると思いますが、慢性的に服用していると
    腸がぜんどう運動を忘れてしまい排便できにくくなります。

 

スポンサードリンク

むくみ腸を解消する2つの方法

1.ストレッチなどをして体を動かす

  • 足を肩幅に開き、両手を上げて頭の上でねじって組む
  • 左右前後にゆっくり上半身を倒す
  • 同じ姿勢のまま、上半身を回す

腸を刺激するような動きを意識的にしましょう。

 

2.ヨーグルトと植物繊維を一緒に取る

ビフィズス菌の入ったヨーグルトに、キウイやリンゴなどの
食物繊維が豊富な果物と一緒にとると効果的です。

 

ダイエット成功の道は

腸内環境を整え、朝食はしっかり、昼は軽め
夜は20時までに腹7分目にして生活を送ることです。