「くるみってどんな効果があるの?1日の摂取量は?」

くるみが動脈硬化の予防・改善に効果あり!

 

先日、たけしの健康エンターテインメント「みんなの家庭の医学」
での放送で、名医が認めた本当にカラダに効く食べ物を紹介していました。

 

それが
「クルミ」

kurumi.jpg

 

この、クルミが身体に良いという話題は
NHKの「あさイチ」でも話題になっておりました。

 

正直、クルミを食べる機会ってあまりないのですが・・
お店で売ってるクルミパンとかぐらいでしょうか
身体に良い・・今いちピンときませんが・・

 

では、クルミにどんな効果があるのでしょうか・・

 

sponsored link

クルミの効果とは

 

東京医科大学病院循環器内科の
椎名一記医師のお話では

 

「クルミは動脈硬化の進展を抑制して
心臓や血管の病気を防ぐ効果が指摘されています」

「クルミに含まれるα-リノレン酸はEPAやDHAに変わって
動脈硬化を抑制すると言われています」

 

血液がキレイになるということは
いろいろな病気の予防はもちろん
若返り効果もあるということですね。

 

クルミはα-リノレン酸の量
他の食材に比べて高いことから注目されています。
くるみに含まれる脂肪の75%は健康に良い不飽和脂肪酸です。

 

スポンサードリンク

効果のある量と食べ方

九州大学の研究では
健康な男女70人が毎日約7個のクルミ
一ヶ月間食べた結果

 

動脈硬化の要因となる悪玉コルステロール値が
約10%下がったという結果がでています。

 

クルミ歴10年の奈美悦子さん(63)
クルミ2~3個
を毎日⇒血管年齢58歳相当

・細かく刻んだクルミを菜の花のおひたしに掛ける
・冷や奴に掛ける
・クルミをタッパーに入れて持ち歩いてお弁当や外食時
にトッピングしたりする

 

クルミ歴20年の和泉雅子さん(66)
クルミ2~3個を毎日⇒血管年齢55歳相当

・手作り弁当に小女子(こうなご)と和えたクルミ
・唐揚げの衣にクルミのペーストを入れて揚げる
・煮物もクルミのペーストを入れて煮る
・味噌汁にもペースト

 

など、テレビでやっていました。

 

他にも簡単な方法があります。
そのまま、食べる方法です^^

・くるみの殻をペンチで割って、そのままポリポリ。
銀杏と違って、煎る必要なありません。

・ケーキ作りが好きな人には
パウンドケーキに入れてみる。

・ちょっと手間をかけるなら
くるみを煎って、砂糖・醤油・みりん少々ですって
くるみ餡にして、お餅や五平餅のようなものにからませたり
ゴマ和えのように青菜とあえても美味しいです。

 

飽きないようにいろいろ試してみましょう♪
効果がでるのは継続させることです。