「家庭内別居の原因は?修復は可能なの?」

NHKのあさイチでは「女性リアル」のコーナーで
「家庭内別居」について取り上げていました。

家族

家庭内別居とは同じ家に住みながら
夫とはほとんど関わりをもたないこと。

 

番組では1800件の回答が寄せられ
そのうち2割の人が家庭内別居の経験者でした。

 

家庭内別居するなら
なぜ離婚の道を選ばないのか?

 

家庭内別居という環境での
孤独やせつなさなど、妻の本音や悩み
たくさんありました。

 

愛しあって結婚したはずなのに・・
なぜすれ違い始めてしまったのか
家庭内別居の原因とは何なのでしょうか?

sponsored link

家庭内別居の原因

家庭内別居の原因NO1といえる
「男女の心のすれちがい」

 

日本家族社会学会がおこなっている
「全国家族調査」というデータからも
「配偶者を家族だと思わない」割合

奥さんは1999年からの10年間で
7.3%~12.4%に増えているのです。

それに対し
旦那さん2.4%から3.4%増えているだけでした。

 

ここ10年で奥さんの方が旦那さんに対して
気持ちが離れている率が高くなっているのです。

 

しかも、
「どんなときに孤独を感じるか?」
という質問に男女とも「一人でいる」
時が一番多いのですが

女性の場合、2番目の孤独と感じるのが
「夫といるとき」と答えているのです。

 

この10年の間に
女性は大きな心境の変化があったとみられます。

 

女性はどんなことを感じているのか?

番組に寄せられた声の中には

  • 夫がいても目も合わさないし、口もきかない。
    夫は自分を家政婦としか思っていない。それが寂しくて辛い。
  • 夫との間に深い溝があり、修復できない。
    でも離婚もできず何のための人生なのか辛くなる。

 

という、家庭内別居をしている人の声もあれば
それに対して・・

  • そこまで心が離れているなら、なぜ離婚しないのか理解できない。
    世間体気にしているのでしょうか?別々の道を歩んだほうがいいと思うが・・
  • なぜ、結婚を続けているの?経済的に楽だから?
    文句ばかり言うまえに離婚する勇気はあるのかと言いたいです。

などの意見は独身の人や、離婚経験者の意見。

スポンサードリンク

ずっと無視するか?子供のために修復するか?

個人的な感想ですが

やはり、結婚し子供ができると
夫婦の関係は変わり始めます。

 

お互い、名前で呼び合っていたのが
「パパ」「ママ」「お父さん」「お母さん」
などの呼び方になり、男と女ではなくなってきますよね。

 

恋人同士のようなイチャイチャ、ベタベタするような
男女愛はなくなりますが、その代わり「家族愛」が始まります。

 

個人的には同じ「愛情」なら
「家族愛」の「愛情」の方が強いと思っています。

 

男女愛って意外と自分のことばかり考えて
「好きだからずっといたいの」とか相手のことを考えるより
じつは、自分のことを考えていることが多くありませんでしたか?

 

でも、家族愛は自分より、子供のことや旦那さんのことを
思いやらないと成立しなくなります。

 

お互いに「思いやり」が足りないことから
夫婦愛が破綻しはじめるのだと思います。

 

家族として毎日いれば
一人の時間もほしいと思うことが多々あるでしょうし
ある意味、家庭内別居という形もありでしょう。

 

離婚ではなく、「家庭内別居」という道を選んだなら
「無視をしつづける」とかギスギスした気持ちではなく
「お互いを尊重し合うための別居」と思えば
顔を合わせたときは、もっと朗らかにいられるのではないでしょうか?

 

離婚をしないのは「子供のため」
という理由もあると思います。

 

子供のために離婚をしないという決断をしたのなら
子供には旦那さんの愚痴を言わない決心をした方がいいです。
愚痴を言うぐらいなら離婚したほうがいい。

 

子供はお母さんの精神が安定していることが
一番だと思うからです。

 

男と女がわかち合うのは根本的な違いから
難しいのではないかと思っています。

 

すれ違いとよく言うけど
そんなことは、男女の違いから当然だと
開き直ってみるのも楽かもしれません。

 

相手に変わってもらおうと思えば思うほど
絶対に変わることはないですし・・

 

自分が良い形で開き直り
気持ちが大らかになりはじめると
何かが変わりはじめると思います。

 

相手が変わってきたのかなと
勘違いするかもしれませんが
実はそれは、自分が変わり始めたのかもしれません。