カーネーションの花言葉を知って
お母さんに感謝を伝えませんか?

普段は当たり前のように
お母さんが自分を気にかけてくれるし
母は、こどもに見返りなんて求めてもいません。

でも、ちょっとした子供の気持ちが母親の心を
暖かくしてくれるのは間違いありません。

 

sponsored link

私は今、母もいれば子供もいる立場なので
母目線、子供目線の両方の気持ちが
わかるようになりました。

9歳のうちの息子が
母の日に絵を描いてくれたり
学校の帰り道にお花を摘んできてくれます。

それって、結婚前に旦那さまからもらった
どんな高価なプレゼントより嬉しいもの
だということを知りました(笑)

なので、

母親の気持ちが分かるようになった私は
昔より母に気持ちを込めてプレゼントを贈る
ことができている気がします。

では、
今年はお花に「感謝の言葉」を託してみませんか?

 

スポンサードリンク

カーネーションの花言葉は?

f44e9f8b3548dff5eae56f32ca061b22_s

母の日に贈る花の定番といえば

「カーネーション」

なぜ、
母の日にカーネーションを贈るのか
ご存知ですか?

カーネーションの花言葉が
「女性の愛」「感覚」「感動」
「純粋な愛情」

そして、なぜ赤いカーネーションを贈るのかというと
「母の愛」「愛を信じる」「熱烈な愛」

という花言葉だからです。
まさに母の日代表の花ですよね。

カーネーションでも色によっては何言葉は変わります。

●濃赤 「私の心に哀しみを」
●黄 「軽蔑」
●白 「私の愛情は生きている」「愛の拒絶」
●ピンク 「熱愛」「感謝」
●青・ムーンダスト 「永遠の幸福」

同じカーネーションでも言葉が様々です。

花言葉を知らなくて
黄色のカーネーションは贈るのは
避けたほうがいいかもしれません。

 

【カーネーションの花言葉を動画で紹介します↓↓】

カーネーション以外の花を贈るなら・・

そして、たまにはカーネーション以外の
お花を贈るのもおススメです。

 

【お母さんが喜ぶ花言葉】

健康 (マリーゴールド)
黄色やオレンジ色の花

●思いやり (アルメリア)
濃いピンクの可愛い花

●感謝 (カンパニュラ)
花の色は青系統の涼しげな花

●希望 (トルコキキョウ)
品種改良されて、様々な花がある。

家族愛 (サルビア)
真っ赤な情熱てきな花。

 

花言葉に詳しくないお母さんも多いと思うので
贈る花の「花言葉」をカードに添えておくのもいいでね。

最後に

母親の立場から言わせてもらうと
プレゼント云々よりも、ちょっとした言葉を
かけてくれるのってホント、うれしいものです

いまさら、お母さんに感謝の言葉を伝えるなんて
照れくさいよ!なんてこと言わず
「いつも、ありがとね」

なんて、何気ない言葉を言ってあげてください。
きっと、元気の源になりますから♪

私もしっかり二人の母親に
感謝の言葉を伝えようと思います。