「北陸新幹線の料金や往復割引、所要時間が知りたい!」

北陸新幹線

3月14日から待望の北陸新幹線が開業することになりました!長野新幹線からの延伸で、長野の北部、金沢、富山がグッと身近な旅行スポットになります。

沿線は高原リゾート、温泉郷、海グルメが楽しめる食の宝庫などバラエティに富んでいるので、得に富山、金沢はおススメエリアになるそうです。

また、岐阜へのアクセスも便利になったので今後は北陸がさらに賑やかになっていきますね^^

では、北陸新幹線に乗って北陸旅行に行く前に料金や割引、所要時間など下調べをしておきましょう!

 

sponsored link

 

北陸新幹線の所要時間、料金、運転本数は?

所要時間

  • 東京駅~富山駅 2時間8分(79分の短縮)
  • 東京駅~金沢駅 2時間28分(63分の短縮)

通常料金

[東京-富山]

  • 自由席:12210円
  • 指定席:12730円
  • グリーン席:17360円
  • グランクラス:25580円

[東京-金沢]

  • 自由席:13600円
  • 指定席:14120円
  • グリーン席:18750円
  • グランクラス:26970円

運転本数

  • 速達タイプ「かがやき」東京~金沢間10往復/1日
  • 停車タイプ「はくたか」東京~金沢間14往復/1日
  • 停車タイプ「はくたか」長野~金沢間1往復/1日
  • シャトルタイプ「つるぎ」富山~金沢間18往復/1日

 

往復割引はあるの?

JRでは、片道600キロ以上の区間であれば往復割引(10%割引)が適用されますが、北陸新幹線では、東京-金沢の営業キロが450.5キロのため、全区間を利用しても往復割引はありません。

残念ながら、北陸新幹線では距離が短いため往復割引が利用できないのが残念です。では、他に割引価格でお得に乗車できる方法はないか調べてみました。

スポンサードリンク

お得な割引乗車方法!

えきねっとトクだ値(乗車券つき)で得をする!

JR東日本のネット予約サービス「えきねっと」で購入できる割引切符「えきねっとトクだ値」だと、北陸新幹線の区間では10%割引で購入することができます。

モバイルSuica特急券で得をする!

おサイフケータイ機能付きのケータイ・スマホで利用できる、JR東日本のチケットレスサービス「モバイルSuica」(要会員登録。クレジットカードが必要)。
モバイルSuicaで、新幹線の指定席が紙のきっぷの値段よりも安く利用できます。

  • 東京-富山 11990円(220円お得)
  • 東京-金沢 13380円(220円お得)

どうせ、行くなら少しでも割引価格で行きたいですよね♪ぜひ!えきネットやモバイルSuicaを利用して購入しましょう。

 

おまけ!北陸新幹線の車両紹介!

北陸新幹線で運行される車両は、JR東日本とJR西日本が共同開発したE7系とW系になります。

車両デザインは「和の未来」を表現し、フェラーリーのデザイナー奥山清行氏監修のもと、川崎重工業がトータルデザインを担当しました。

それにしても、フェラーリーのデザイナーさんが監修しているなんて、すごいですね!かっこよく見えてきました(笑)