「アスパラガスの保存と冷凍の正しいやり方を知りたい!」

あさイチで紹介されていた、おすすめ食材

「アスパラガス」

これからやってくる夏バテ防止にも最適なのです。

 

実は、アスパラガスには不思議なパワーがあります。

  • 疲労回復にアスパラギン
  • 滋養強壮にサポニン
  • 高血圧予防にルチン

ビタミンもバランスよく入っているし、特に旬の時期は栄養価が高まります。

簡単に食べるなら、お味噌汁にいれても相性バツグンのアスパラなのです。

 

なので、これからは「アスパラ」と良いお付き合いをしていきたいので

まずアスパラの保存方法を紹介しますね。

 

sponsored link

アスパラガスの保存方法

アスパラガスを新鮮に保つために大切なことはよけいなエネルギーをつかわせないこと。

そのためには、アスパラを立てて、5度以下の場所で保存をすることです。

 

家庭の冷蔵庫で実践するには、ペットボトルや空き箱を利用して

底に湿った新聞紙を入れて、アスパラガスを立てて保管するといいです。

 

そして、保管場所は野菜室ではなく冷蔵室

飲み物などを立てる棚に置いておくのがベストです。

 

このように工夫することでアスパラの新鮮度が保たれます。

冷凍保存方法

アスパラは冷凍保存もすることができます。

ポイントは硬めにゆでること。

 

使いやすい大きさに切って、30秒程茹でる

電子レンジで40秒ほど加熱しても大丈夫です。

 

あら熱を取って、保存用ポリ袋に入れて冷凍庫に保存してください。

凍ったまま、ソテーや炒めもの、シチューなどに使えます。

 

スポンサードリンク

アスパラレシピ

アスパラつくね

アスパラレシピといえばアスパラベーコンが主流ですが

他のアスパラ料理でも楽しみたいという方も多いはず。

 

あさイチで紹介していたレシピをシェアします。

 

アスパラつくね

【 材料】

  • アスパラガス:4本
  • 豚挽き肉:150g
  • マヨネーズ:大1/2
  • おろししょうが1かけ分
  • おろしたまねぎ大1
  • 塩・こしょう少々

【調味料】

  • しょうゆ・酒:各大1
  • 砂糖・みりん:各大2/1

 

【作り方】

  1. アスパラの根元の硬い皮をピーラーでむく
  2. アスパラに小麦粉をまぶす(つくねを巻く時にはがれにくい)
  3. 豚ひき肉にマヨネーズを混ぜる
  4. しょうが・たまねぎ・塩・こしょうを入れてしっかり混ぜ合わせる
  5. 空気を抜くためにつくねを叩きつける
  6. つくねを4等分にする
  7. ラップを広げ、その上に肉を楕円形に伸ばして
    アスパラをのせ海苔巻きをつくるよに巻いていく
  8. ラップをはがしたら強めの中火で紙タオルで出る油をふきながら、こんがり焼く
  9. 調味料を入れて、からめ焼きしていく

 

少し、濃い味に仕上がっていてご飯にとても合いそうです。

この夏は、アスパラ料理を積極的に取り入れて、元気に過ごしたいですね。