「梅雨時期は髪型が広がって決まらない!対策法はないの?」

ヘアスタイル

ジメジメした梅雨時には何かと憂鬱な気分になります。

その1つにヘアスタイルが決まらないこと。ドライヤーやヘアアイロンを使ってキレイに仕上げても、あの湿気でたちまちボアっと広がっていくのです。

でも、その広がりを対策できる1番簡単な方法は、ストレートパーマや縮毛矯正をかけること!ハルもおととしまで、この時期に矯正をしてやり過ごしてきました。

が、どうも矯正後のヘアスタイルが今だに好きになれないのです^^:

しょうがないのですが、どうもストレート感が人工的というか、とくに毛先のツンツンした感じ・・なんだかなぁ・・

なので去年から、矯正をせずにいろいろな方法を試してみました。その中で、1番広がりを抑えられた方法があるのでシェアしていきたいと思います^^

 

sponsored link

梅雨時でも髪が広がらない方法!

  1. タオルドライをした後、ドライヤーで半乾きにする
  2. トリートメント剤の代わりに椿油をつける
  3. 7割程乾かした後、熱風でストレートにブローする
  4. しっかり乾いたら、冷風でドライヤーの風を上から当ててブローする
  5. 椿油をつけるorセミハードタイプのスプレーをつける(好みで)
1番のポイントは、椿油をつけること、冷風でブローすること

 

ブロー時に、この2つの項目を取り入れたことで、かなり広がりが抑えられるようになりました。

そして、5番目のブロー後に椿油を再度つけるか、セミハードタイプのスプレーをするとヘアスタイルが長持ちするのですが、私の場合は、髪が固まった質感が好きではないので椿油を最後につけています。

ただ、猫っ毛の人にはおススメしません。ぺったりし過ぎてしまうので・・椿油は「大島椿油」を使っています。量はちょっとでいいのでかなり長持ちしますよ♪

 

でも、ここまでブローして梅雨対策したにも関わらず、やっぱり広がりが気になる!という人はヘアスタイルをアレンジしてしまいましょう!

 

スポンサードリンク

超簡単なアレンジ方法!

ヘアスタイルのアレンジ方法って「編みこみ、ポニーテール、おだんご」とか難しそうなのがいろいろありますが、ハルは不器用なのであまり凝ったスタイルはできません。

でも、この「ハーフアップ」というヘアアレンジは簡単で、しかも上品な感じに仕上がるのでアラフィフにおススメします♪

ハーフアップ

ハーフアップ

「ハーフアップ」は、ヘアアレンジの中でも1番簡単にできる割におしゃれな感じに仕上がります。

ポイントは手ぐしでセットすること。トップもふんわり感をだし、サイドはしっかり耳を出さずに髪をサラッとたらすのがおしゃれです。

さいごに

梅雨時のうねりを気にする人もいますが、この髪型だと、うねってるぐらいか素敵ですよ♪

ハルは、このような梅雨対策を去年から行って、縮毛矯正から卒業しました。よかったら参考にしてみてください^^